最高度のツアーテクニックを引き出す『モデル別ブレード× ソール設計』

RM-22 CUSTOM WEDGE テクノロジー

RM22

CUSTOM WEDGE・素材
<鍛造・ニッケルクロムモリブデン鋼>

素材軟鉄素材に限りなく近い成分組成を持つ、ウェッジに最も適した素材。素材硬度は一般的な軟鉄素材であるS25Cよりも柔らかく、ニッケル、クロムモリブデンを含有することで、耐摩耗性に優れた素材特性を発揮。
これにより、高精度に仕上げられた溝のエッジが、長期間の使用にもダレにくく、高いスピン性能を持続します。また、鍛造製法とすることで打感、調角性にも優れた特性を持っています。

CUSTOM WEDGE・溝
<新・台形スコアライン>

ツアーで高い評価と実績のある「新・台形スコアライン」。一本一本丁寧に彫刻でいれることで新溝ルール適合ながら精度の高いエッジを実現しました。ドライな状態はもちろん、雨の日やラフからのショットに強さを発揮。高いスピン性能、安定したスピン量を発揮します。

  • 素材
  • 新・台形スコアライン
CUSTOM WEDGE・鏡面ミーリングフェース

鏡面ミーリングフェースフェース面の平面精度を可能な限り高精度に仕上げた”鏡面ミーリングフェース”。従来のミーリング加工の約2倍の時間をかけ、さらに平面精度を高めたことでフェース面はミーリング痕がまったく残らず、ミーリング加工直後はまるで鏡のように仕上がっています。これにより、インパクト時のボールとの接触面積が増えるとともに、スコアラインのエッジがよりシャープとなり、高いスピン性能をもたらします。(フェース面にミーリング痕が残っていると、ボールとの接触面積が減少し、さらにスコアラインのエッジも刃こぼれした刀のように精度が落ちてしまいます。)まさに名刀のようなシャープなエッジを実現したことで、卓越したスピン性能を発揮するのです。

溝形状・深さ・溝幅・溝間隔の最適設計

深さ・溝幅・溝間現在のルールにおいては溝(スコアライン)は、その形状、深さ、幅、隣り合う溝と溝の間隔等、厳密に規制されています。そして、これらは相互に関連するよう定められています。例えば、溝幅を規制値いっぱいに広くすると、溝と溝の間隔は広くなり、溝の本数も少なくなります。逆に、溝と溝の間隔を狭くして溝の本数を増やすと、溝幅は狭くなります。フォーティーンでは、どんな状況下でも最大スピン量のウェッジショットを実現するため、インパクト時のボールと溝の接触面で最大断面積が得られるよう、溝の形状、深さ、溝幅、溝と溝の間隔の最適化を図りました。これにより、ドライな状態はもちろんのこと、雨やラフからのショットにも高いスピン量のショットを可能としたのです。

RM-22CUSTOM WEDGE ・ソール設計×モデル別ブレード

レギュラー・ソール × Wリバースマッスルブレード = 41, 44, 47
アイアンの安定性と、ウェッジの操作性を両立したローロフトウェッジ。

フルショット、コントロールショットに高い対応力を発揮し、安定したスピン量、優れた弾道コントロールを生み出す【レギュラー・ソール】と、ブレード上部方向に加え、ネックからトゥ方向にも厚みを持たせた【Wリバースマッスルブレード】で、フルショット時にも卓越したヘッド安定性を発揮します。

  • レギュラー・ソール
  • レギュラー・ソール
  • Wリバースマッスル・ブレード
リッジ・ソール × リバースマッスル・ブレード =50, 52, 54, 56/08, 58/08
さまざまなライ、打ち方にも高い対応力と高スピン性能を発揮するミドル&ハイロフトウェッジ。

リーディングエッジ寄りにストレートな尾根を持ち、幅が狭く厚みのあるフロントソールがライをしっかりと受け止め、ソール幅とバンス角を最適化したなだらかなラウンドを持つバックソールの相乗効果で刺さらず抜けるウェッジショットをもたらす【リッジ・ソール】と、フォーティーン独自のブレード上部に厚みを持たせた【リバースマッスル・ブレード】で、強いラフに負けない優れた安定性と操作性、高スピン性能を実現しました。

  • リバーマッスル・ブレード
  • リッジ・ソール
  • リバーマッスル・ブレード
デルタ・ソール × ミドルマッスル・ブレード =56/12, 58/12, 60/10
フェースを大きく開いて打ちやすく、高い操作性を実現したハイロフトウェッジ。

打点後方のブレードセンター部に厚みを持つ新設計のブレード形状【ミドルマッスル・ブレード】は、フェースを操作しやすく、インテンショナルなショットを可能にします。また、ソールトップ部からヒールにかけて三角形状に絞り込み、ヒール後部を大きく斜めにカットしたソール【デルタ・ソール】が、フェースを大きく開いてもヒールバンスが邪魔にならないからライにスパッと入り、トゥバンスが利いて球を打ち出せる、テクニックが生かせる新ソール形状です。

  • デルタ・ソール
  • ミドルマッスル・ブレード
Hソール × リバースマッスルブレード =58/08, 58/12
公式オンラインストア限定 Hソールウェッジ

ソール面全体をトゥヒール方向にややラウンドを持たせながら、トゥとヒール部の後方を大胆にカットしたソール形状により、フェースを開閉してもバンスの利き具合が一定で変わらず、テクニックを使ったアプローチショットを打つことのできる【Hソール】とフォーティーン独自のブレード上部に厚みを持たせた【リバースマッスル・ブレード】を合わせることによりさまざまなライへの対応力の高いヘッドです。

  • リバーマッスル・ブレード
  • リッジ・ソール
  • リッジ・ソール
RM22 CUSTOM WEDGE・ツアー仕様ノーメッキ仕上げ

素材そのものが持つソリッドでマイルドな打感を発揮するとともに、鏡面ミーリングフェース、彫刻スコアラインによるシャープなエッジを高精度に保持。

*メッキ加工を施していないため、ご使用いただきますとサビが発生します。

ノーメッキ・パールサテン仕上げ

ブラスト処理を施し、パールサテン仕上げによる、しっとりと落ち着いたグレートーンのノーメッキ仕上げ。多くのツアープロが好む仕上げです。

ノーメッキサテン仕上げ

ノーメッキ・黒染め仕上げ

光の反射を抑え、ヘッドをシャープに際立たせる黒染め仕上げ。ボールへの集中力を高めるツアー仕様の仕上げです。

ノーメッキ黒染め仕上げ