ようこそゲストさん ログイン 会員登録 ご利用ガイド cart
image_01
image_02
image_03
image_04
image_05
image_06
image_01
image_02
image_03
image_04
image_05
image_06
【先行予約】RM-α
WEB限定
シャフト
フレックス
ロフト
グリップ
RM-α
プロモデルウェッジは難しくないですか?
アマチュアにはアマチュアの為のウェッジがある!
シングルを目指すプレーヤー向けに設計した新カテゴリーウェッジRM-α。

シングルHDCPを実現するのにプロの試合の様なハイスコアを出す為のスーパーアプローチは必要なく、 アマチュアがスコアをまとめるには単純なライや状況で高確率にパーを拾える事。 テクニックが使えるプロモデルはレーシングカーの様なもので、凄いショットも出せるがミスへの寛容性は低くアマチュアには難しすぎます。このRM-αは車で言うとパドルシフトのセミオートマで、テクニックを使ったアプローチの場面でもミスへの寛容性を発揮するソール設計で、様々なライからパーを狙える確率を高めます。 プロの技術を引き出す為に作られたのがプロモデルのように、アマチュアにはアマチュアの技術に合ったウェッジがあり、これからシングルハンデを目指すような向上心のあるプレーヤーに使ってもらいたいウェッジ。
それが新カテゴリーのRM-αです。

ヘッド:軟鉄(S20C)鍛造 (新ハイスピンミラー鍛造フェース、D-ステップブレード設計)
仕上げ:ニッケルクロムメッキ・パールサテン仕上げ
シャフト:N.S.PRO TS-114w スチールシャフト(WEDGE/125g)
N.S.PRO TS-101w スチールシャフト(WEDGE/111g)

希望小売価格 ¥28,600(税込)
MADE IN JAPAN

  • シングルHDCPを実現するのにプロの試合の様なハイスコアを出す為のスーパーアプローチは必要なく、 アマチュアがスコアをまとめるには単純なライや状況で高確率にパーを拾える事。 テクニックが使えるプロモデルはレーシングカーの様なもので、凄いショットも出せるがミスへの寛容性は低くアマチュアには難しすぎます。

【クラブスペック】

ラフにおいても安定したスピン性能を発揮させる、
新ハイスピンミラー鍛造フェース


従来のハイスピンミラー鍛造フェースの製法をさらに進化させ、ルールギリギリの溝形状を追求した、新ハイスピンミラー鍛造フェース。ラフや雨の日においてもスピン性能の低下を抑え、安定したスピン性能を発揮させます。

上下方向のぶれない性能を進化させた新逆テーパーブレード設計

バック面ソール連結部を限界近くまで鍛造製法により絞り込み、余剰重量を効率的に上下に重量配分することで、ブレない性能がさらに進化。新逆テーパーブレード設計が上下の打点ブレにも安定したスピン性能を発揮させます。

左右方向のぶれない性能を進化させたD-ステップブレード設計

ツアーウェッジRM-4で採用しているステップブレードをさらに進化させ、バック面のトゥ側にボリュームを持たせた、D-ステップブレード設計。左右の打点ブレにも安定したスピン性能を発揮させます。

上達を目指すアマチュアの為のMソール

易しさを追求したDJ-5の新ユニバーサルソールと、中上級者に定評のあるRM-4のHソールを融合させた、RM-α専用のMソールを新たに開発。 リーディングエッジ側に緩やかにバンパー部分を持たせ、ざっくりのミスを防ぎ易くし、フェースを開閉してもバンスの効き具合があまり変わらず、テクニックを使ったショットが打ち易いソール形状です。

選べる58°のバウンス角

58°は、バンカーの砂のコンディションや、グリーン周りの芝のコンディション、あるいは、ゴルファー個々のスイングの入射角などに対応できるように、同じソール形状で、ローバウンス(L)、ミッドバウンス(M)、ハイバウンス(H)、の異なる3種類のバウンス角を用意しました。

リニューアルしたTS-114w Ver2

日本シャフトと共同開発の「TS-114w Ver2」は新たにウェッジに求められるフィーリングを追求。46〜54度はフルショットに近いコントロール対応するローロフト専用設計、56〜60度はチップショットのフィーリングを出しやすいハイロフト専用設計、同シャフトでありながら番手別設計が施され、一様にボールのフェースへの乗り感が備わっている。

「ちょうど良い」を狙ったミドル級重量帯のTS-101w

「クラブとしての使いやすさ」を求めて日本シャフト株式会社と共同で開発した番手別ウェッジ専用スチールシャフトの、ミドル重量帯バージョン。 重すぎず軽すぎず、110g 台の適度な重量感で、より細かくプレイヤーの期待に応えます。

ガンブラック仕上げ

太陽光の反射を抑えるガンブラック仕上げが2023年春に発売予定です。